STEP4. コンタクトレンズご購入にあたって(コンタクトレンズの検査)

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。ご購入の際には、必ず眼科を受診しましょう。
眼科医は、あなたの目がコンタクトレンズ装用に支障がないかどうか、またどのようなレンズがあなたの目に良いかを診察した上で、あなたの目に適したレンズを処方します。

コンタクトレンズの検査の内容

1問診

コンタクトレンズの希望動機やあなたの目の状態、生活環境などについて簡単な問診があります。

2視力検査(屈折矯正検査)
角膜曲率半径測定
(黒目のカーブを測定)

光学機器を使ってあなたの視力を補正するためのレンズ度数(近視や遠視、乱視度数の目安)や、角膜のカーブを測定します。次に、裸眼視力の測定と、機器の測定値を参考にして実際に試験用掛け枠とメガネレンズを使って、あなたの視力を補正するために必要なレンズ度数(屈折矯正度数)を検出します。

3目の診察

あなたの目にコンタクトレンズ装用に適さない目の疾患がないかどうか診察用顕微鏡などで診察をします。診断や視力検査の結果から、あなたにはどのようなコンタクトレンズが良いかなどの説明があります。

4トライアルレンズの検査

診察と視力検査が終わると、試験用のコンタクトレンズ(トライアルレンズといいます)を装用します。目に馴染むまで少し時間をおき、レンズのカーブや大きさなどが目に適合しているかどうかチェックをします。
次に、装用したトライアルレンズの度数が弱すぎたり、強すぎたりしていないかの確認(追加矯正)と、見え方の満足度の確認をして適正な度数が決定されます。トライアルレンズは途中何度か入れ替えることもあります。

5コンタクトレンズ処方

諸検査によって求められた結果から、購入に必要なレンズの種類、度数、カーブ、直径などが決まりあなたのコンタクトレンズが処方されます。

6装用指導

レンズを取扱い時の注意(手指を清潔にすることなど)、レンズのつけ方やはずし方のコツ、装用時間や装用中の注意、正しいレンズケアの方法、守らなければいけないレンズの使用期限に関すること、定期検査のことなどトラブルを防ぎ安全に装用をするための大切な指導や説明があります。
わからないことは遠慮せずに質問するようにしましょう。

アルコンの製品情報ページです。コンタクトレンズカラコンのアルコン。日本アルコンは、世界に眼科医療関連製品を提供するアルコン・インコーポレーテッドの日本法人として、日本の眼科医療への貢献を続けます。ワンデー、2week、マンスリー、近視用、遠視用、遠近両用、乱視用など様々なラインナップを取り揃えております。
pagetop