老眼について学ぼう

誰にでも訪れる老眼。
原因、症状、対策をご紹介します。

老眼って何?

40代からの眼 水晶体を厚くできなくなる
目の中にあるレンズ (水晶体) スイショウタイ と筋肉 (毛様体筋) モウヨウタイキン は、ピントを合わせる働きをしています。遠くを見るとき、レンズはうすく平らな状態ですが、近くを見るときには、レンズを厚くふくらませてピント調節をします。
40代以降、このピント調節機能が徐々に低下し、手元を見るときに不便さを感じ始めます。
これが老眼の始まりです。その後年齢とともに、老眼は進行していきます。
40代からの眼 水晶体を厚くできなくなる

老眼は、近視の人にも起こります。メガネやコンタクトをはずせば近くのものが見えるので、老眼になったと気付きにくいようですが、メガネやコンタクトで遠くがしっかり見える状態にしているときは、やはり手元がみづらくなっていきます。

老眼になったらどうすればいいの?

眼科で相談することをおすすめします。年齢や症状によって対処法がさまざまであり、眼科医や専門知識を持つスタッフにアドバイスをもらうのが一番です。
初期症状なら、現在使っているコンタクトレンズやメガネの度数をかえるという方法もありますが、遠くの見え方がぼんやりしてしまうことがあります。また、一般的な対処法は、老眼鏡です。最近では「大人コンタクトレンズ」である遠近両用タイプを使うという方法もあります。
遠近両用コンタクトレンズなら、周りの人に気づかれることなく、老眼への対処が可能です。老眼鏡のように、かけ外しが必要がない便利さもあります。
老眼鏡...遠近両用コンタクトレンズ...

「大人コンタクトレンズ」や老眼鏡の使用が、老眼の進行に影響を与えることはありません。むしろ早めに使用を開始すると、見え方に慣れやすいと言われています。

※球面度数のみのレンズを指します。

  • 大人コンタクトレンズは無料体験実施中! 目の検査後、「無料」*で対象製品をお試しできます。近くのお店を探して、気軽にコンタクトレンズのお試し体験を! *別途、検査料が必要となります。
pagetop