瞳のエイジング 老眼あるある体験談

これも老眼のせい?
日常生活の不便さの理由が、「老眼のはじまり」ということが良くあるんです。
みなさんのリアルな体験談を集めました。

「あれ?ずいぶん文字大きくしているんですね」と言われてしまいました。
こっそり文字サイズの設定変更をしていたのを人に見られて、恥ずかしかった…。
最近、既定の文字サイズだと読みにくくて、とっても不便。

同世代の同僚と、少し暗めのお店に飲みにいったら、ふたりともメニューがみづらい!
ふたりでメニューを遠ざけたり、近づけたり...。
なかなか注文できなくて、ふたりで苦笑い。
最近、薄暗い場所で文字を読むのは、とっても不便。

コンビニでおやつを買おうとしたら、
成分表示やカロリー表示が、文字が小さくて読めない。
糖質、カロリーは控えたいけれど、
なにせ読めないので、ヘルシーそうなものを勘で選んでいます。
カロリーには敏感でいたいのに、とっても不便。

表計算ソフトで文字や数字を追うのがつらい。
見やすいフォントに変更&画面表示も
ズームアップしています。
印刷はもちろんA3サイズ。
仕事の効率も落ちてしまう気がして、とっても不便。

宅配便の伝票、クレジットカードの
サインをするときに、
悪いのはカウンター、伝票、
それとも私の視力のせい?って感じてます。
微妙な高さのカウンターでサインをするのは、
とっても不便。

ペディキュアを塗るときに細かい仕上げができなくなった。
マニキュアみたいに爪との距離を変えながら塗れないので、まず大まかに塗って、あとで修正するのが手間。
ペディキュア塗るのは、とっても不便。

pagetop