目のトラブル&お悩み情報

コンタクトレンズトラブルによるおもな眼障害

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

概要

角膜潰瘍

「角膜浸潤」がより悪化し、深いキズが角膜上皮から実質にまで進行してしまい、実質の一部が欠損した状態。激しい痛みや充血を伴います。角膜の上皮や実質の一部がはがれ落ちたりキズついたりすると、目のバリア機能が低下して、細菌やカビ、アカントアメーバに感染しやすくなってしまいます。感染症が起こると潰瘍がさらに悪化し、ときには失明の危険もあります。感染を伴った角膜潰瘍の多くは、ソフトコンタクトレンズ装用者にみられます。レンズケアで重要な“消毒”の過程が正しく行われていないために感染を起こし、角膜潰瘍を悪化させてしまうのです。

少しでも異変を感じたらすぐに眼科医に相談して、早めに治療を受けるようにしてください。また、これらの眼障害発生・悪化のおもな原因は、レンズの汚れです。正しいケア方法を身に付けてきちんとこすり洗いをすることが、トラブルを未然に防ぐためにも重要です。

pagetop