目のトラブル&お悩み情報

コンタクトレンズトラブルによるおもな眼障害

角膜上皮びらん(かくまくじょうひびらん)

概要

角膜上皮びらん

角膜上皮がはがれた状態(=びらん)。「点状表層角膜症」が悪化して発症する場合や、コンタクトレンズによる機械的な障害などが原因で生じる場合があります。また、「角膜浮腫」などほかの病気と合併することもあります。軽症では主に、異物感や目がしみるなどの症状があります。重症では激しい目の痛みや充血が起こり、まぶたが腫れることがあります。放置しておくと、「角膜浸潤」や「角膜潰瘍」にまで悪化してしまいます。

少しでも異変を感じたらすぐに眼科医に相談して、早めに治療を受けるようにしてください。また、これらの眼障害発生・悪化のおもな原因は、レンズの汚れです。正しいケア方法を身に付けてきちんとこすり洗いをすることが、トラブルを未然に防ぐためにも重要です。

pagetop