photo

どうしたらモテるの? 愛され女子のキーワードはやっぱり「透明感」だった!

2017.04.26
z

愛されメイク、愛されファッション、愛されヘア…最近はたくさんの“愛され情報”であふれていますよね。それらに共通しているキーワードはズバリ「透明感」。
2017年注目キーワードでもある透明感は、身に着けるだけで清潔感、清楚や聡明などモテ要素がたくさんついてくるのです。

どうすれば透明感が手に入るの?

透明感というキーワードはよく聞くものの、どのように身につければいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
この記事では三つのポイントを押さえてぐっとなりたい透明感にアプローチする秘密をお教えします。

① 透明感のあるヘアカラーを知る
② ベースメイクにこだわる
③ 透明感のある瞳で見つめたい

まずこの3つをしっかり抑えて、透明感の基本を手に入れましょう!

明るすぎずにこの透明感。清楚を手放さず外国人風を叶える最強カラーは「ブルージュ」だった!

ブルージュとは、ベージュカラーにブルーをプラスした色味のこと。ベージュだけでは明るすぎたり、なんとなく飽きてしまった印象もありますよね。そこでおしゃれに透明感をプラスするのがブルーなのです。
ブルーと聞くと抵抗のある方も少なくないですが、ベージュと掛け合わせることで黒では重すぎて出せなかった透明感も、ナチュラルに叶えることができます。 女性のヘアスタイルはイメージをガラリと変えられる、重要パーツのひとつ。ヘアカラーに透明感をプラスして、大きく透明に近づきましょう。

きちんとお手入れ!は透明感への第一歩。カバー力も味方につけて、どこから見てもパーフェクトな憧れ肌へ

思わず触りたくなるサラサラお肌は、透明感を作る上で基礎になる重要ポイントです。どんなにキラキラに飾っても、肌が汚くては台無し。お手入れからベースメイクまできちんと追求してこそ、清潔感を兼ねそなえた透明感が見えてくるのです。

透明感は美白から!

透明感=美白といっても過言ではないほど、美白は欠かせない要素ですよね。ビタミンは古い肌を押し出し、紫外線ダメージの少ない肌に生まれ変わらせるといわれています。肌に必要な栄養素を食品やサプリメントから摂取したり、ビタミンC誘導体の含まれた基礎化粧品などで新しい肌に生まれ変わりましょう。

こっそり仕込んだパールが隠し味。ベースメイクで目指すのは「パーフェクト肌」

お肌のトーンを上げようと、自分に合わないカラーのファンデーションを厚塗りしていては透明感は一気に遠のいてしまいます。そこでファンデーションのまえにパール感のある下地を使うことで、内側から輝くような肌を演出することができます。次にファンデーションを薄く重ねたら、ハイライトで仕上げてみましょう。まぶた、目の下、鼻筋、顎の部分にプラスすることで透明感をグレードアップできるはずです。

 
       

もう見つめられても怖くない。自信とうるおいたっぷりの印象EYEで、視線をそらさず目と目を合わせて話せる瞳に。

最後はやっぱり「瞳」。印象的な瞳で見つめられたら、誰だってドキドキしちゃいますよね。瞳が美しいと肌や髪の透明感も、より際立つようになります。カラーコンタクトで透明感をプラスして、自信をもって相手を見つめられる瞳にアップデートしましょう!
でもカラーコンタクトって、使用経験がないとなんだか怖いし、不自然に色づいちゃったらどうしよう…と考えてしまいますよね。そんな時は華やかなのになじみやすい、自然で大きな瞳を演出できるサークルタイプのものがオススメ。

印象的な瞳とうるおいを両立させる「フレッシュルック® デイリーズ® イルミネート®」なら、約70%が水分で構成されていて、快適なつけ心地(※1)が1日中続きます。ドットとラインの2つのパターンを重ねた立体感がある自然な瞳を実現できるため、長く見つめられても自信が長続きします。
お顔周りの中でも、目の印象はもっとも大切なもののひとつ。でもアイメイクだけじゃ、欲しい透明感には届かないことってありますよね。そこで瞳自体にサークルレンズを装着して色の抜け感を作ってあげることで、ワンランク上の透明感も手に入ります。

欲しい瞳の印象を体験してみましょう!

※1 装用感には個人差があります。

 

PR20170421-004423