photo-3

オフィスでの目の乾き。知っておきたい5つのポイント

2016.07.15

長時間パソコンを使用したり、書類の細かい文字を見直したりと目を酷使することの多いオフィスシーン。そんなオフィスでコンタクトレンズを使用した際の目の乾き、ショボショボ、ゴロゴロする等が気になる方に、原因と対策についてご紹介したいと思います。

何故、目の乾きやゴロゴロ感が起こるかご存知ですか?

瞳の表面は、涙で潤いが保たれています。しかし集中してパソコンの画面を見ていると、無意識のうちにまばたきの回数が減少し、涙が蒸発しやすくなってしまいます。また、エアコンも空気を乾燥させるので、涙の蒸発が増えてしまいます。

さらに涙は瞳の表面に薄く均一に存在していることで、まばたきする時に目(角膜)とまぶたとの摩擦を軽減する潤滑剤となっています。ところが、ソフトコンタクトレンズの装用時には、レンズ表面の涙が薄く、不安定な状態になることがあり、まばたきによる摩擦が発生しやすくなって、目の乾燥感を感じる原因ともなります。

オフィスシーンで目の乾きを抑えるための4つのポイント

目の乾燥が気になるオフィスシーンでの乾燥対策には、次の4つのポイントに気をつけましょう。

  1. パソコン使用時には適度に「まばたき」休憩を取りましょう パソコンの画面を見続けると、無意識のうちにまばたきの回数が減ります。適度に休憩をとり、目を休めましょう。まぶたがしっかり閉じるまで、まばたきをすることも大切です。
  2. エアコンに注意しましょう エアコンにより室内が乾燥し、瞳の潤いが失われます。可能なかぎりエアコンの風があたらない場所で仕事するよう心がけ、加湿器などの対策も検討しましょう。
  3. 体調管理をしましょう 目の調子は、体調にも影響を受けます。規則正しい生活と十分な睡眠時間の確保をこころがけましょう。特に睡眠不足は目の乾燥を招くので、気をつけましょう。
  4. コンタクトレンズを性能で選びましょう コンタクトレンズの技術も進化を続け、新しい製品が出ています。乾燥に強く、つけ心地の良い(※1)コンタクトレンズを選びましょう。

※1 装用感には個人差があります。

目の乾燥感、ゴロゴロ感が気になる方のための、コンタクトレンズ選び(※2)

乾燥感、ゴロゴロ感を軽減するためには、コンタクトレンズ選びが重要です。装用時のつけ心地にかかわる含水率のほかに、まばたき時の摩擦を軽減する潤滑性なども重要な選択基準となります。

※2 装用感には個人差があります

PR20160701-003682