photo-9

コンタクト利用者必見!そのコンタクト、○○、足りていますか?

2016.08.09

「潤い」と「酸素」の不足で、瞳が泣いていませんか?

瞳はなぜ「潤い」と「酸素」が大好物なのでしょう?

瞳はうるうると潤っています。涙が瞳の表面を潤すことで目を守っているのです。だから瞳は水分が大好きです。涙が少ないとドライアイになったりしますよね。

また、酸素も目に重要な役割を果たしていることをご存知ですか?人間の黒目瞳(角膜)には酸素を運ぶ血管が無いため、空気中から酸素を取り入れる必要があります。瞳の酸素が不足すると、黒目は白目の血管から酸素を補給しようとしますが、そのせいで充血などのトラブルになってしまうことがあるようです。だから、瞳はいつも酸素たっぷりに保たなくてはいけないんです。

コンタクトレンズをしている人は、「潤い」と「酸素」不足に要注意!

瞳が大好きな「潤い」と「酸素」のために、ソフトコンタクトレンズを選ぶときに注目してもらいたい2つのポイント。

1. 含水率(どれだけ水分が含まれているのか)
2. 酸素透過率(どれだけ酸素を通すのか)

含水率が高いとやわらかい着け心地のコンタクトレンズになります。特に目に入れるとき、つけ心地を気にする人は多いですよね。しかし、レンズに含まれる水分が多いと、蒸発する水分も多いので、時間がたつと目の乾きを感じることがあります。高含水率で、ずっと潤いを保てるコンタクトレンズってないんでしょうか?

酸素透過率が高いと酸素をたくさん通します。「シリコーンハイドロゲル」という素材を使ったソフトコンタクトレンズは酸素を沢山通す素材として知られています。しかしこの素材は含水率が低く、固いつけ心地のコンタクトレンズになるという欠点があるようです。

「潤い」と「酸素」を両立できるコンタクトレンズってないんでしょうか?

「潤い」と「酸素」たっぷりコンタクトレンズ

たとえば「デイリーズ トータル ワン®」1日使い捨てソフトコンタクトレンズ。

着けてからはずすまでの快適な着け心地※と高酸素透過率の両立を目指して開発されたそうです。

※個人差があります

デイリーズ トータル ワン®、世界でただひとつ瞳にうれしい水分三層(※1)。

1.含水率:レンズ表面は水分80%以上でうるおいたっぷり、レンズ中心部は水分33%で潤いを保持します。レンズ表面は着け心地のために80%以上の高含水率、でも中心部を33%の含水率にしています。長時間の潤いを保つよう工夫したレンズです。

2.酸素透過率:日本国内で販売されている1日使い捨てコンタクトレンズで最も高い酸素透過率(※3)で、瞳に届く酸素の量が従来の製品より6倍アップ(※2)しています。

フリートライアルもできるようなので、長時間瞳を酷使する方、コンタクト装用時の目の乾きが気になる方など、一度試してみてはいかがでしょうか。

※1.ウォーター グラディエント コンタクトレンズ。レンズ中心部とレンズ表面の含水率に差をもたらした構造のレンズのことを言います。レンズ中心部・表面の含水率の測地方法は、レンズ全体の含水率の測定方法とは異なります。
※2.従来の自社1日使い捨てコンタクトレンズとの比較。高酸素透過性レンズDk/t=156@-3.00D。
※3.2016年6月現時(各社公表値に基づく)

販売名:デイリーズ トータル ワン®
承認番号:22400BZX00407000

販売名:デイリーズ トータル ワン®
承認番号:22400BZX00407000

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。
必ず眼科医の検査・処方を受けてからお求めください。

PR20160615-003568