photo

アイシャドウの塗り方で理想の目を演出する方法

2017.12.22

その時の気分やシーンによって、表現したい自分は変わるもの。アイシャドウは、そんな雰囲気づくりに大活躍のアイテムですよね。好みの色やテクスチャーを選び、思い思いに楽しむのは素敵なことですが、自己流で、気づかぬうちに自分に合わない使い方をしている人も少なくないようです。そこで、アイシャドウのベーシックな知識をご紹介。アイシャドウの種類や塗り方の基本、目の形や目的に合わせた塗り方など、基本知識をきちんと知った上で、理想の目の演出を目指しましょう。

アイシャドウの塗り方の基本

誰でも簡単にアイシャドウを塗ることはできるけれど、効果的な塗り方ができていない人もいます。まずは、塗り方の基本をマスターしましょう。

アイシャドウを塗る前に

アイシャドウを塗る場所

そもそも、アイシャドウは目のどの辺に塗ればよいのでしょうか。その基本となるエリアは、アイホールです。アイホールは、ちょうど眼球の膨らみに沿った半円状の部分。鏡に向かい、びっくり顔で目を大きく見開くと、眼球と骨との境目のくぼみがよく分かります。そのくぼみの内側がアイホールになります。

アイシャドウに使用するアイテム

〈アイシャドウ〉

ひとくちにアイシャドウといっても、パウダー状のもの、ジェルやリキッド、クリーム状のもの、ペンシル型など、種類や形状はいろいろあります。発色やテクスチャーも、タイプによって違うので、イメージに合わせて選ぶようにしましょう。

〈アイシャドウブラシ・チップ〉

アイシャドウの塗る時に使うアイテムもさまざま。広い範囲に塗る時には指、ふんわりと塗りたい時はブラシ、しっかり色をつけたい時はチップなど、それぞれの特徴を生かしながら、目的に合わせて使い分けるといいでしょう。

上まぶたのアイシャドウの塗り方

アイシャドウを塗る基本エリアは上まぶたのアイホール。限られたエリアの中で、目元をどう演出するか考えるのは楽しいものです。色を選ぶ際には、明るいハイライトカラー、中間色、濃いめの色と、異なる色をグラデーションにするのがおすすめです。
まず、アイホール全体にハイライトカラーを塗り、次に目のきわに濃いめの色をのせます。この時あまり幅広く塗ると不自然な仕上がりになるので、バランスをみながら細めに塗りましょう。
そして、ハイライトカラーの境目を指で軽くぼかし、なじませます。

次に、中間色をアイホールにのせます。中間色はハイライトカラーと濃いめの色とをつなぐものです。目のきわから徐々に濃い色から明るい色の変わるグラデーションを作るようにします。

仕上げにハイライトカラーをブラシなどにとって全体にサッとのせて、なじませます。つけすぎるとせっかくのグラデーションが生きないので、あくまでも軽くがポイント。

目の下

基本のアイホール以外に、目の下の涙袋と目尻にもアイシャドウを使うと、より雰囲気のあるアイメイクができます。

明るい色のアイシャドウをチップに取り、涙袋の部分にのせます。おすすめはパールの入ったベージュ系のアイシャドウ。うるっとした目元が演出でき、女性らしさがアップします。

そして、下まぶたの目尻側、1/3程度の範囲に濃いめの色をのせ、目元を引き締めます。
ハイライトカラーと組み合わせることで、目を立体的に、はっきりとした印象的に見せることができます。

【なりたい目別】アイシャドウ 塗り方

アイシャドウの色や塗る位置によって、目元の印象が大きく変わります。ここでは、目元パッチリに見せたい時の塗り方と、たれ目に見せたい時の塗り方をご紹介します。

パッチリ目の塗り方

目を大きくパッチリに見せるポイントは、目の立体感とぷっくり涙袋です!

アイホール全体にハイライトカラーを塗り、次に目のきわに濃いめの色を塗ってぼかし、グラデーションを作ります。
さらに、下まぶたの目頭にホワイト系を、瞳の下から目尻にベージュ系のアイシャドウを塗ります。涙袋がふっくらと見えることで、目を大きく見せることができます。

タレ目に見せる塗り方

可愛いタレ目に見せるポイントは、下まぶたの目尻の演出!

アイホール全体にハイライトカラーを塗り、次に目のきわに濃いめの色を塗ってぼかし、グラデーションを作ります。
さらに、目頭にホワイト系のアイシャドウを塗り、下まぶたの目尻側1/3ほどに濃いめの色を塗ります。

また、仕上がりの雰囲気は、アイラインやチーク、全体の色のトーンなどでも変わってきます。
より自分のなりたいイメージに近づくよう、いろいろチャレンジしてみては?

目の形別・色別アイシャドウ 塗り方

アイシャドウのカラーバリエーションの豊富さは、皆さんご存知のとおり。お気に入りの色を使うのもいいですが、時には違う色を試してみるのも楽しいものですよね。
ここでは、女性らしいピンクのアイシャドウと、ベーシックなブラウンのアイシャドウについてご紹介します。

ピンクのアイシャドウ

ピンク色って、見ているだけで自然と心がウキウキしてきませんか? 優しくハッピーなピンクは、女性の魅力を引き出してくれるカラー。そのことを分かっているのか、女性は本能的にピンクを選んでいるとも言われています。

ピンクといっても濃い色から薄い色までさまざま。さり気なく挿し色として使うだけでも気持ちがときめいて、女性らしさもアップしそうです。

次は、目の形ごとに、ピンクアイシャドウの塗り方をご紹介します。

二重の人のピンクアイシャドウの塗り方

上まぶたの目頭から目尻にかけてピンクのアイシャドウを塗り、アイホール全体にぼかします。
次に、次に濃いめのブラウンアイシャドウを、目尻のまつ毛のきわにラインを引くように細く塗り、ピンクのアイシャドウとなじませます。

奥二重の人のピンクアイシャドウの塗り方

奥二重の人は、ピンク色の選び方が大事です。ピンクの色味によって、上まぶたが腫れぼったく見えてしまうからです。おすすめなのは、肌の色に近いピンク色。これを二重の幅に合わせて塗ります。

一重の人のピンクアイシャドウの塗り方

一重の人は、アイホール全体にピンクのアイシャドウを塗ると腫れぼったく見えてしまいます。そのため、全体ではなく、部分的に塗る方法がおすすめです。上まぶたの真ん中から目尻にかけて、ラインを引くように塗ります。
さらに、目の下の涙袋のブブンにピンクのアイシャドウを軽く塗ります。仕上げに、上まぶたのアイシャドウを塗ったまつ毛のきわに、ブラウン系のアイライナーでラインを引きます。

ブラウンのアイシャドウで大人っぽさを演出する方法

ブラウン系といえば、誰もが知っての通り、アイシャドウの定番。ナチュラルメイクには欠かせないカラーですね。とはいえ、ピンクと同様、ブラウンにもいろんなバリエーションがあります。赤みがかったブラウン、オレンジよりのブラウンなど、自分にあったものを見つけられるといいですね。

ここでは、いつものブラウンのアイシャドウを、少し大人っぽく楽しむ塗り方をご紹介します。

普段のメイクでは、上まぶたのきわに濃いめのブラウンを塗り、アイホールでグラデーションにしている人が多いと思います。今回は、少し方法を変更し、下まぶたにひと手間かけたブラウンメイクに挑戦です。

まず、アイホールにベースとなるハイライトカラーをのせます。おすすめのカラーはブラウンよりもゴールド。上まぶたにはブラウンのアイシャドウを使わず、ブラウンのアイラインのみを引いて抜け感を演出します。

次に、下まぶたの目尻から目頭にかけてブラウンのアイシャドウを塗ります。 あまり濃くなると不自然に見えるので、筆などを使いながら、薄めに塗っていくのがポイントです。

上まぶたはあっさり、下まぶたはしっかりとした重みが出て、バランスの良い仕上がりになります。

あなたに似合う色は?

相性のよい色をみつける

おすすめのカラーやトレンドカラーを取り入れたいけれど、なんとなく似合わない、しっくりこないということはありませんか? その原因は、自分の肌の色と相性の悪い色を選んでいることが多いようです。自分の肌のタイプを知って、色を味方につけましょう!

肌の色は、大きく2つのベースカラーに分かれます。そして、肌の色が青みがかったピンク色の肌を「ブルーベース」、黄色みの強い肌を「イエローベース」と呼びます。もちろん、個人個人の髪の色や目の色など、さまざまな条件を吟味しないと、具体的なことは言いきれませんが、肌の青み、黄色みも、似合う色を探す目安にはなるでしょう。

ブルーベースの人は、パープルやブルー、グレー、シルバーなどのアイシャドウの色、また、色味としては寒色系が似合います。
イエローベースの人は、ベージュ、ブラウン、グリーン、オレンジ、ゴールドなどのアイシャドウの色、また色味としては暖色系が似合います。

とはいえ、すでにお伝えしてきた通り、アイシャドウのカラーバリエーションはとても豊富です。たとえば、ブルーベースだからといって絶対にグリーンが似合わないということではなく、青みの入ったグリーンは似合うかもしれません。たくさんの候補の中から、自分と相性の良さそうな色を選び、チャレンジしてみると、もっとアイメイクが楽しくなるかもしれません。

コンタクトレンズの色で演出力をアップ!

自分と相性の良い色は、瞳の色によっても変わってきます。カラーコンタクトやサークルレンズを装用して瞳の印象を変え、いつもと違うアイメイクに挑戦してみるのはいかが?

自分の目の印象が色によってどんなふうに変わるのか知りたい!という人には「ヒトミ ナビ」がおすすめ。「ヒトミ ナビ」は、スマートフォンやタブレットで、自分の写真でカラーレンズやサークルレンズをつけたイメージが体験できるアプリです。
装用イメージを見ながら、なりたい自分やアイメイクのイメージを膨らませていくのも、楽しいかも!

レンズ試着アプリ「ヒトミ ナビ」のダウンロードはこちらから。
https://alcon-contact.jp/products/color/hitomi-navi/

※カラーレンズやサークルレンズの装用に当たっては、必ず事前に眼科医の診察、装用の指導を受けるようにしましょう。