photo-2

働く女子の宿命。夕方のコンタクトにまつわる悩みは?

2016.08.09

毎日、長時間パソコンやスマートフォンで仕事をこなす働く女子。
夕方になると、目の違和感や乾燥感を感じますよね。
特に、コンタクトレンズが欠かせないあなたにとっては、もはやこの違和感や乾燥感は宿命?

まず、なぜ夕方になると目の違和感を感じるのでしょうか?
人が一日にするまばたきの回数は、約14,000回と言われています。実は瞬きするたびに、まぶたの裏にコンタクトが接触していることを知っていましたか?
つまり、まぶたとコンタクトの間には摩擦があるんです。その摩擦がドライアイや目の充血につながることもあるんですよ。

だから、コンタクトレンズ選びには気をつけたいもの。

そんなあなたにピッタリなのが、「瞳にうれしい水分三層」(※1)、日本アルコンの「デイリーズ トータル ワン®」1日使い捨てコンタクトレンズ。
レンズ表面には80%以上、レンズ中心部には33%の水分を保持。さらに酸素も、従来の自社1日使い捨てコンタクト商品の約6倍通します(※2)。

フリートライアルもできるから、まずは試して、一日の終わりのつけ心地(※3)を実感してみて。

(※1)ウォーター グラディエント コンタクトレンズ。レンズコアとレンズ表面の含水率に差をもたらした構造のレンズのことをいいます。レンズコア・レンズ表面の含水率の測定方法は、レンズ全体の含水率の測定方法とは異なります。
(※2)従来の自社1日使い捨てコンタクトレンズとの比較。高酸素透過性レンズ Dk/t=156@-3.00D
(※3)個人差があります。

PR20160616-003573