photo-20

プレミアム素材「シリコーンハイドロゲル」って?進化したカラーレンズ(カラコン)事情

2016.09.06

使い捨てコンタクトレンズでは、シリコーンハイドロゲル素材のレンズが徐々に主流になりつつあります。シリコーンハイドロゲル素材のレンズの特徴は、酸素透過性が高いこと。角膜の酸素不足は、充血などを引き起こす原因のひとつとなります。
カラーレンズ(カラコン)でもようやくシリコーンハイドロゲルを使った商品が登場しました。きれいな見た目を求めて、つけ心地をあきらめていた人に朗報です。

カラーレンズ(カラコン)をカラーだけで選んでない?

普段使いのコーディネートに採り入れるために、見た目の色みで、カラーレンズ(カラコン)を選んでしまいがち。でも、目の負担が増えてしまっては、美しい瞳の維持が難しいですよね。そこで重要なのがレンズの素材。

従来のソフトコンタクトレンズはレンズに含まれる水分を透して角膜に酸素を届ける、というものでした。そのため、レンズの含水率が高くする反面、レンズの水分が蒸発することで、乾燥感を感じやすい、という課題がありました(※1)。

(※1)装用感には個人差があります。

これからは、カラー+素材で選ぶ時代!

「シリコーンハイドロゲル」が画期的なのは、なんといっても酸素透過性の高さです。角膜に十分に酸素が届くことで、充血や眼障害のリスクを低減します。また、含水率が低いため、従来素材に比べ乾燥感を感じることがないことも特徴です(※1)。

(※1)装用感には個人差があります。

「シリコーンハイドロゲル」素材採用のカラーレンズ(カラコン)も登場!

カラーレンズ(カラコン)は従来素材をつかった製品が多い中、シリコーンハイドロゲル素材を採用したのが「エア オプティクス® ブライト/カラーズ」です。いいこと尽くめのシリコーンハイドロゲルですが、脂質の汚れが付着しやすいといわれています。「エア オプティクス® ブライト/カラーズ」は独自の表面が、汚れの付着・沈着をしっかりブロックするので、ずっと快適なつけ心地が続きます。(※1)

カラーレンズ(カラコン)は製品も増え身近になりましたが、デリケートな目に直接入れる医療管理機器です。目の専門家である眼科の処方を受け、素材についても相談して詳しい話を聞いてみましょう。

(※1)装用感には個人差があります。

PR20160815-003817